TFCC損傷 (三角線維軟骨複合体損傷)   まえむら鍼灸整骨院 八尾市

TFCCとは手関節の小指側にある軟部組織です。
三角線維軟骨、掌・背側遠位橈尺靱帯(三角靱帯)、
手関節尺側側副靭帯などを含む手関節の尺側支持機構を総称して
三角線維軟骨複合体(triangular fibrocartilage complex、TFCC)と言います。

手を突いて転倒したり、手首を頻繁に使うことで手関節の小指側に痛みが生じます。

TFCC損傷の症状は手首を返す動作の制限や
握力低下が見られます。

一般には手首の捻挫と片づけられてしまいそうですが、
なかなか痛みが引かなかったり、治ったと思ったら、
すぐまた同じ場所が痛むなどして、すっきりしないことが多いので、
手首の痛みが気になって来院される方が多くいらっしゃいます。

レントゲン像では一見異常がみられない外傷でも、
TFCCが損傷されると手関節痛が残ってしまいます。

治療は電気治療、ストレッチ、マッサージ、テーピングを行っていますが、
症状がひどい方には固定を行っています。
早く症状を改善させるには手を使わない安静が第一です。