アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎(アキレス腱の痛み、かかとの痛み)  まえむら鍼灸整骨院 八尾

アキレス腱炎・アキレス腱周囲炎は、歩いたり、走ったり、ジャンプなどによるアキレス腱への繰り返される

ストレスにより生じます。また、足の形・動き、腱の柔軟性、耐久性、シューズなど様々な事が原因でおこります。

特に陸上競技、バレーボール、体操の選手に多いです。

まれにアキレス腱周囲炎は、風邪をひいた後に起こる場合もあります。

症状は、腫れ(腫脹)、歩行時の痛み(疼痛)、局所の圧痛、熱感です。

足首を背屈する事により、痛みが増し、ギシギシとした音(運動時軋轢音)を認める場合もあります。

治療は、アキレス腱、アキレス腱周囲に腫れ、痛みがあれば氷などで冷やして(アイシング)、出来るだけ

安静にして下さい。微弱電流治療鍼治療も効果的です。

しかし、日常生活の中でまったく歩かないというのは不可能ですので、歩く時、走る時の足の衝撃を

吸収するように踵へソルボ(ゴム状の衝撃吸収材)を入れたり、アキレス腱やその周りの筋肉の

動きを助けるテーピングを行います。

また、アキレス腱自体が太くなり(肥大)、慢性化に移る場合もありますので、痛み・腫れが

しっかりひくまで根気強く治療を続けましょう。