子供の踵の痛み シーバー病(踵骨骨端症)  まえむら鍼灸整骨院  八尾市

シーバー病(踵骨骨端症)とは成長期の明らかな外傷が無く、
踵の後方の痛みを訴える疾患で、10歳前後の学童期の男児に多く、
特にスポーツをする男の子や太った男の子に良く見られる病気です。

成長期に見られる骨端核という骨の一部分は、体が大きくなる為の成長する骨で、
骨の大部分と一線を隔した状態にあり、そこには軟骨がある為、レントゲン上では
一見骨折しているかのように見えます。その部分は力学的に脆弱であると考えられます。
踵の骨にある骨端核は15~17歳くらいで踵の大きな骨と癒合を完成します。

 

発生原因は繰り返されるアキレス腱の牽引力があげられます。
アキレス腱はこの骨端核に付着しており、運動などによって衝撃が加わることにより
炎症が発生し、骨硬化および分節化が起こります。
そのような状態になると、運動時に踵部の痛みを訴えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

治療は運動を控えさせるか中止させ、踵部にクッションゴムを当てがい
アキレス腱の緊張を緩めるようにします。

他にリハビリとしては、アキレス腱を伸ばすストレッチを行い
アキレス腱の柔軟性を高めていきます。

きっちりと治療すれば症状の経過は良好です。

こういう症状に心当たりがある場合は、早めにご相談ください。