子供の肘の脱臼 (肘内障)   まえむら鍼灸整骨院 八尾市

お子さんが急に腕が上がらなくなって痛がったとすると、それは「肘内障」であることが多いです。

「子供はよく肘が抜けるよ」と聞いた経験はありませんか?

肘が抜けると聞くと、あたかも関節が脱臼してしまって大変な状態ではないかと思ってしまいそうですが、

実際はそうではなくて、正確には脱臼ではなく、肘関節の骨と骨をつないでいる輪状の靭帯から骨がはずれたり、

ずれたりした状態です。

5歳未満の子どもは、骨や靭帯が未発達なので、尺骨と橈骨をつないでいる靭帯の輪から、橈骨頭がはずれやすいのです。

肘内障は手を急に引っ張ったり、ひねったりした時に起こり、突然痛がって泣き出します。

腕を引っ張り挙げられたり、腕を下にして転んだりした際にも発生しますが、原因がはっきりしない場合も少なくありません。

受傷時の状況(腕を引っ張られたなど)と、肘をやや曲げた状態で下げたままにして、痛がって動かそうとしないことから、

肘内障を疑います。

骨折との鑑別のために、X線(レントゲン)検査で骨や関節に異常がないことを確認することもあります。

「肘内障」と判断すると徒手整復を行います。

整復後は、肘が曲がるようになり、腕を捻る動作もできるようになります。

その後、特に固定などの処置も必要ありませんし、リハビリも必要ありません。

処置を行った日は、お家で御家族の方に様子をみていただくようにします。

 

小児肘内障は子どもさんが腕を使わなくなるということでわかる場合が多い疾患です。

おかしいなと思ったら、すぐに処置することで、すぐに治る疾患です。

ですので、子どもさんの腕が上がらない、おかしいなと思ったら、すぐに御来院ください!

 

          まえむら鍼灸整骨院

          八尾市西山本町7-12-3

          072-933-1180