オスグッドシュラッター病    まえむら鍼灸整骨院 八尾

オスグッドシュラッター病とは

脛骨粗面部に発生する骨端症の1つで、
発育期の代表的なスポーツ傷害です。

10歳から15歳ぐらいの小・中学生に多く発症し、割合としては男子に多く発症します。
女子の方が1~2歳早く発症します。

スポーツ活動性の高い、特にバスケットボールバレーボールなどの
ジャンプが多いスポーツをしている人によく見られます。
また、サッカー選手なども多く発症します。
学校での体育以外はしていないスポーツレベルの低い方でも発症する場合があります。

症状
脛骨粗面部(膝のお皿の下の部分)の痛みが主で、痛みは運動時、特にジャンプなど
大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)を強く収縮させる動作時に顕著となります。

歩行時や階段昇降時にも痛みが出現することがあります。

脛骨粗面部に軽度の腫れや熱感、圧痛が見られます。
正座時に脛骨粗面部が床面に接触すると痛みが誘発されます。

進行すると、脛骨粗面部に骨性の隆起が見られます。

治療

まずは、スポーツを中止して安静加療が必要です。
もし、運動後に痛みが生じた場合にはアイシングを行ってください。
また、ストレッチングが効果的です。ストレッチの目的は大腿四頭筋を伸ばすことです。

痛みが強いときにはスポーツ中止が一番の治療手段です。

しかし、スポーツを休まず続けるために、当院では、微弱電流治療や鍼治療なども行いながら、
患者さんをサポートしています。

このような症状でお悩みの方は、まえむら鍼灸整骨院まで御相談にお越しください!