テニス肘(上腕骨外側上顆炎) まえむら鍼灸整骨院 八尾市

手の使い過ぎや、テニスなどのスポーツによって、肘の外側が痛くなる病気に

上腕骨外側上顆炎じょうわんこつがいそくじょうかえんがあります。

テニスプレーヤーに多いことからテニス肘とも呼ばれ、最初は手首や指を伸ばす

筋肉に筋肉痛が起こり、それでも運動を続けると筋肉が骨についている外側上顆部に痛みを生じます。

この病期は比較的に容易に診断でき、治療によって症状は軽減できます。

症状は、肘の外側上顆部に腫脹、圧痛、熱感を生じ、手首や指を伸ばす筋群にも圧痛を生じます。

手首を伸ばす際の運動時痛や肘を伸ばしにくくなる運動障害の出る重症例もあります。

しかし、中にはなかなか痛みがとれず、症状が増悪する場合もあります。

治療は、アイシング、電気治療、ストレッチを中心に行っています。鍼治療も有効です。

日常生活でも痛みを感じる動作を避けるようにして下さい。

症状が軽くなってきたら、トレーニング指導もしています。

使いながらの治療は長期化する場合があるので、出来るだけ肘、手を休ませて下さい。

治療すれば、症状は軽減しますので根気強く続けて下さい。