小児鍼  まえむら鍼灸整骨院 八尾市

小児鍼とは

今から250年前、(江戸時代)からある治療法です。
特に関西地方で「疳の虫のはり」として親しまれています。

「はり」というと、刺すイメージがありますが、
決してそんなことはありません。

皮膚を特殊な鍼で、撫でていきます。
やさしく触れられるような感触ですので皮膚を傷つけることはありません。
子どもから「気持ちがいいね、もっとやって!」と大人気!
病院を怖がるお子さんでも大丈夫です。

自律神経を整え、免疫力・自然治癒力を高めるため、
急激に発達する脳や身体と心のバランスをとり、
健康な心身を維持します。

どんな子に良いの?

★疳の虫(かんのむし)症状
夜泣き・寝つきが悪い・食欲がない ・よく喧嘩する・キーキー声を出す・かみつく イライラする・物を投げつける・壁や物に頭をぶつける 歯を食いしばり「イー!」としたりヒステリックになる チック様の症状(まばたきを頻繁にする、鼻や喉をならすなど)

★その他の症状
風邪をひきやすい・よく熱を出す・おねしょ(夜尿症) アトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎 いびき・歯ぎしり・目を開けたまま眠る

★適応
生後6ヶ月~6年生くらいまでが主な対象です。 敏感体質・高齢の方でも受けられます。

治療回数は?

症状の程度や年齢によっても異なりますが、
目安として週一回または二回の施術を1ケ月間します。

※疳の虫症状は、治まっても再発してくることがあります。

冷たくて甘い飲み物やお菓子は、疳の虫を悪化させます。
バランスの良い食事・充分な睡眠・適度の運動が大切です

小児鍼 1回 1500円