ジャンパー膝(膝の痛み)   まえむら鍼灸整骨院 八尾市

ジャンパー膝とは名前が示すように、バレーボールバスケットボールなどで

ジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの

走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。

年齢別では、12歳~20歳ぐらいの高いレベルでスポーツをする時期に多くみられます。

【原因】

なぜこのようなことが起こるかというと、大腿四頭筋の柔軟性低下

要因の1つに挙げられます。

特に成長期の長身選手は、骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、

相対的筋短縮(筋肉が硬い)状態を招いた結果、そのストレスが末梢の膝蓋骨周辺に

蓄積するために起こる慢性・疲労性障害です。

【症状】
ジャンプやランニングなどによって膝を伸ばす動作を繰り返し行うことで、

図1で示す部分が炎症をおこし、圧痛と熱感、腫脹を伴います。

①膝蓋骨下極から膝蓋腱付着部(約7割)
②膝蓋骨上極から大腿四頭筋腱付着部(約2割)
③膝蓋腱中央部から脛骨結節付着部(約1割)

【治療法】

疼痛の程度によって治療が異なるため、病期を4段階に分けます。

Phase1 運動後に疼痛が生じる場合は、大腿前面のストレッチと局所の練習後のアイシングを徹底する。  テーピングをする。
Phase2 運動中、運動後に疼痛が現れる場合は、上記に加えてジャンプ動作の休止、膝と股関節を中心とした下肢の運動療法、ストレッチと局所のアイシングを行う。
Phase3 運動に支障をきたす疼痛では、月単位での運動休止と下肢の筋肉のバランス改善を目的としたストレッチングを行い、疼痛が消失してからトレーニングを再開する。
Phase4 断裂例では縫合手術が必要である。

受診される患者さんは、痛みをこらえてスポーツ活動を続けているため、
Phase3になっていることが多いです。

このような症状がある方は痛みを我慢せず、早めに当院にご来院ください。